大槻 和弘(おおつきかずひろ)|相模原市議会議員(南区)

今年のキアシドクガ

おはようございます。
昨日は、こもれびの森の近くにお住いの方から、キアシドクガについての相談をいただきました。
今年のキアシドクガの発生は、桜の開花と同じように昨年より半月以上早まったようです。
既に、大半は白い成虫となりました。昨年のみずきの伐採や、餌となる葉の成長が未熟な時の発生により、幼虫のサイズが小さく十分に成長していないようです。
未熟な幼虫や成虫の状況から、生殖機能への影響により、来年の発生に影響があるのでしょうか。
写真は、今朝のこもれびの森の状況です。
白い成虫はほとんど見られませんでした。
その後の情報では、大野台方面では大量の成虫が舞っているとのことでした。追記致します。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、草、屋外、自然

投稿日:2018年5月15日



トラックバックURL

http://otsuki-k.sakura.ne.jp/wp/wp-trackback.php?p=3346


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です