大槻 和弘(おおつきかずひろ)|相模原市議会議員(南区)

8月補正予算建設委員会の審査

相模原市議会令和2年度8月補正予算の建設委員会所管部分の審査を行いました。
今回の補正予算は、国の第2次補正により交付された46億2800万円の内、約25億円と市一般財源約8億7700万円の合計で33億7900万円を財源に、新型コロナウイルス感染症に係る事業費を計上しています。
建設委員会では、公共交通事業者への支援金として、バス事業者・タクシー事業者へ車内消毒費用等の1/2を支援する議案の審査を行い、委員総員の賛成で可決すべきものと決しました。
私からは、公共交通事業者支援の他政令市、近隣他市の状況や、バス・タクシーの消毒方法、レンタカーや観光バス事業者などへの支援の考え方と、関連して低床バスの導入計画に対するコロナウイルス感染症の影響と共に、都市建設局からの議案が1件だけとなった経緯を伺いました。
新型コロナウイルス感染症で様々に大きな影響が出ている中、都市建設局に於いても所管する範囲で対策事業の充実をお願いしました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、、「建設委員会 大槻 和弘 委員 (自民党相模原)」というテキスト

投稿日:2020年8月4日



トラックバックURL

http://otsuki-k.sakura.ne.jp/wp/wp-trackback.php?p=4448


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です