大槻 和弘(おおつきかずひろ)|相模原市議会議員(南区)

子どもの社会性を育む

IMG_2525子どもの社会性を育む事業として展開されている「こどものまち」事業を見学に14日に会場となった相模女子大学を訪問しました。

小学4年生から中学3年生までを対象に、抽選で選ばれた約350名が参加。人気事業で応募者は、定員の3〜4倍だそうです。

職業体験をテーマにした事業は、キッザニアなど民間の事業がありますが、社会の元ともなっている通貨を媒介させて社会構造を理解させる点に特徴があります。

 

事業の目的を主催者資料から以下に掲載します。

8月13日と14日に相模女子大学マーガレットホール全館で「相模大野のこどものまちエンジョイ スマイルさがみ2016」と『こどものまち全国主催者サミット2016at相模女子大学』を開催致します。
全国サミットは全国に80ほどある「こどものまち」の主催者やこども若者たちが集まり、展示や主催者による各まちの事例や課題を話し合います。

『相模原のこどものまち』はこども若者の社会参画を目的としてこどもと若者が活躍して開催する事業です。
相模大野では、学生とこどもたちにより「仮想のまち」をつくってイベント当日、約300名のこどもたちが市民となって実際のまちのように「働き」「給料をもらい」「税金を払って」「まちで楽しむ」という社会体験をします。
また、当日は消防署や警察署、市役所関係課など公共機関はじめ、相模原市の実際のお店などにご協力をいただき、プロの方からの指導をうけながらまちで働きます。

なお13日の16時からは「まちを変えるこども議会」と「こども市長選挙立会演説会」「投票」があります。

ハローワークには求人票が並びます。人気の仕事はすぐなくなります。

ハローワークには求人票が並びます。人気の仕事はすぐなくなります。

食品販売には、デニーズやヒロセ洋菓子店の協力がありました。

食品販売には、デニーズやヒロセ洋菓子店の協力がありました。

警察官としてパトロールや防犯の啓発チラシを配ります。

警察官としてパトロールや防犯の啓発チラシを配ります。

消防官として負傷者を救出します。

消防官として負傷者を救出します。

仕事を終えると銀行で給料を受け取ります。

仕事を終えると銀行で給料を受け取ります。

仕事をして銀行でお金を受け取ると税務署で税金(60%)を支払います。

仕事をして銀行でお金を受け取ると税務署で税金(60%)を支払います。

http://l.facebook.com/l/RAQHYryIyAQHYEj-SBoAQlBr6cjcqzcOzl_464cZc_irzUg/saga-jyo-kodomachi.jimdo.com/
◆相模大野のこどものまち「エンジョイ スマイルさがみ2016」
日時:8月13日-14日10時~17時(両日とも、まちが動いている時間は11時から15時30分です。)
会場:相模女子大学 マーガレットホール
後援:相模原市 相模原市教育委員会 相模原市小中学校PTA連絡協議会

◆こどものまち全国主催者サミット2016at相模女子大学
日時:8月13日13時〜14日14時
会場:相模女子大学 茜館、マーガレット本館、7号館
詳細は

後援:神奈川県 相模原市 相模原市教育委員会 相模原市立小中学校PTA連絡協議会

投稿日:2016年8月15日



トラックバックURL

http://otsuki-k.sakura.ne.jp/wp/wp-trackback.php?p=1807


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です