大槻 和弘(おおつきかずひろ)|相模原市議会議員(南区)

9月定例会報告

img_2819相模原市議会9月定例会は、8月26日から35日間の日程を終え9月30日の裁決をもって閉会しました。

9月定例会では、24議案、2議定議案、陳情1件、報告案件8件が審査・承認されました。

 

議案の主なものは、

議案122号:相模原市教育委員会組織条例について

*教育委員会組織を、教育長と5人の委員で構成する。(これまで委員は4名)

議案132号:教育委員会委員長の選任について

*教育長に、野村謙一氏が推薦された。(前南区長、都市建設局長)

 

議案131号:平成28年度相模原市一般会計補正予算(第2号)

*歳入歳出予算総額258,216,000,000円にそれぞれ684,000,000円を追加し、総額をそれぞれ258,900,000,000円とする。

○主な歳出は、ふるさと納税推進、ふれあいの森等の緑地保全用地購入事業など。

 

議案110号:平成27年度相模原市一般会計歳入歳出決算

*平成27年度相模原市一般会計歳入歳出決算、歳入決算額258,619,704,656円、歳出決算額250,571,815,804円、差引残額8,047,888,852円       。

*平成27年度の歳入歳出決算について議案110号から121号及び130号の13件について、相模原市議会決算特別委員会において審査された。決算特別委員会では、各常任委員会が決算特別委員会の分科会として対応した。

○私の所属する環境経済委員会決算部会では、南清掃工場および最終処分場や新設するリサイクルスクエアと新粗大ごみ受入施設の考え方、福島原発による放射能測定の現状と今後の対応、公園等アダプト制度の状況などを確認しました。

 

議案124号:相模原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例について

*麻溝台・新磯野第一地区における建築物の用途の制限規定を改正。

Cー2地区では、店舗、飲食店又は展示場に供する建築物の床面積を500㎡から1500㎡に緩和する。

D地区・E地区では、事務所の用途に供する建築物の床面積を1500㎡を超えるものは建築できないとした規定を廃止した。

 

陳情21:国による義務教育財源の保障及び教育の機会均等と水準の維持・向上、並びにゆきとどいた教育の実現について

 

議定議案10:次期介護保険制度改正における福祉用具貸与等の見直しに関する意見書

議定議案11:国による義務教育財源の保障及び教育の機会均等と水準の維持・向上、並びにゆきとどいた教育の実現について(陳情21の採択に対する意見書)

投稿日:2016年10月3日



トラックバックURL

http://otsuki-k.sakura.ne.jp/wp/wp-trackback.php?p=1926


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です