大槻 和弘(おおつきかずひろ)|相模原市議会議員(南区)

当麻地区の緑地保全

圏央道の相模原愛川インターチェンジが開通し、周辺には物流系などの産業集積が進んでいます。当麻地区には産業用地の開発が進んでいますが、まだたくさんの自然が残っています。
良い自然がこれからも残されるよう、先の6月議会で質問し、「特別緑地保全地区」指定の検討についての答弁を取り付けました。
地域の自然を愛する方々のこれからも継続した尽力をお願いしました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、雲、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:室内

投稿日:2017年8月9日



トラックバックURL

http://otsuki-k.sakura.ne.jp/wp/wp-trackback.php?p=2666


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です